指導者

船橋洋介C

Masa-2

《常任指揮者 船橋洋介(ふなばし ようすけ)》

東京音楽大学ピアノ科卒業。同大学指揮研究科修了。「プラハの春」をはじめ数々の国際コンクールで入賞。特に声楽・合唱付き作品で深い洞察力を発揮。
チョン・ミョンフン、フェドセーエフなどからの絶大な信頼を受け、数多くのステージやオペラ制作に携わる。
2008年には、ペーテル・ブノワ《盛儀のミサ》を日本初演、その功績によりペーテル・ブノワ財団より名誉称号が授与された。またプラハ交響楽団への客演、プラハにてモーツァルトのレクイエムを指揮し
成功を収めるなど活動範囲を海外にも広げている。2012年には長岡にて、カ
ール・ジェンキンス《平和への道程》を全曲指揮。立案から4年をかけて実現へ導いたその情熱は、演奏においても「合唱を懸命に整え、かつ高みに導かんと奮闘する船橋のタクト。」と高く評された。
2013/14年シーズンはモラヴィア・フィルへ客演、ベルリンにてYACOB(Young Asian Chamber Orchestra Berlin)を指揮。国内では都響、東京フィル、大阪フィル、大阪響等への客演をはじめ、東京とベルリンを拠点に国内外
で精力的な活動を展開している。ライフワークとして教育にも力を注ぎ、音楽鑑賞教室のプロデュースや各地でのワークショップに数多く招聘されている。
東京音楽大学大学院講師、長岡市芸術文化振興財団音楽アドヴァイザーなどを歴任。現在、宮城学院女子大学音楽科特任准教授として後進の指導も行っている。
<<音楽の小径(船橋先生のブログ)>>

《プリンシパルトレーナー 草川 正憲(くさかわ まさのり)》

東京音楽大学音楽学部指揮科卒。 指揮法を紙谷一衛、故 松本紀久雄の両氏に師事。在学中より主にオペラ指揮者として研鑽を積む。 大学卒業後、活動の場をオペラ以外にも広げ、様々な分野の公演を指揮する傍ら、 藤原歌劇団に所属しオペラ指揮法を故 福森湘氏に師事。 数々の来日イタリア人指揮者のアシスタントを務め、イタリアオペラへの見識を深める。 その後、単身イタリアへ渡り、ダニエレ・アジマン氏のもとで研鑽の日々を送る。 また、ハンガリーにてユーリ・シモノフ氏に師事し、ディプロマを獲得するなど 管弦楽の分野へも視野を広げる。 2001年、ミラノにおいてヴェルディ作曲歌劇『椿姫』をし指揮し、デビューを飾る。 同公演を観劇に来ていたアルノルド・マントヴァーニ音楽アカデミー校長のカーティア・ロロヴァ氏に招聘され、 同アカデミーの専属指揮者に就く。在任中にヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』、マスカーニ『カヴェッレリーア・ルスティカーナ』、 プッチーニ『トスカ』等を指揮する。2005年4月に帰国、モーツァルト『レクイエム』、ベートーヴェン『交響曲第9番』等を指揮。 その後も数々のオーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮し好評を博す。また8年間のイタリア滞在生活を活かし イタリアオペラ指揮者として活躍。2006年から現在までにプッチーニ『蝶々夫人』『ジャンニ・スキッキ』『ラ・ボエーム』、 ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』、ベッリーニ『ノルマ』、チレア『アドリアーナ・ルクブルール』、 レオンカヴァッロ『道化師』、ヴェルディ『ルイザ・ミラー』『仮面舞踏会』『第1回十字軍のロンバルディ人』等々 数々のイタリアオペラを精力的に指揮。今後もイタリアオペラを中心に指揮活動を続ける。 2001年9月、イタリアのペスカーラで行われた『第6回マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクール』にて3位に入賞。

 

image

《声楽アドヴァイザー 石上 朋美(いしがみ ともみ)》

東京藝術大学音楽学部声楽科を首席卒業、第10回松田トシ賞受賞。同大学大学院修士課程オペラ科修了。第40回日伊声楽コンコルソ第2位および歌曲賞受賞、第35回イタリア声楽コンコルソ金賞、イタリアにて第10回オペラ国際コンクールにて第2位およびマンチネッリ歌劇場におけるデビュー権獲得、など、国内外で多数受賞。同歌劇場にて「フィガロの結婚」伯爵夫人役、「ラ・ボエーム」ミミ役、「修道女アンジェリカ」タイトルロール、「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ役などで3年連続出演。’08年より文化庁海外派遣研修員、野村文化財団芸術文化奨学生としてイタリア(ジェノヴァ、ミラノ、トリノ)に留学。その間にフィレンツェ、トリノ、ミラノなどで劇場のシーズンオペラオーディションに合格、近年まで「トスカ」タイトルロール、「カルメン」ミカエラ役、「蝶々夫人」タイトルロールなどに出演し、イタリアでの活躍が目覚ましい。特にミラノにおけるー「蝶々夫人」の公演には作曲家であるG.プッチーニの最後の血族であるシモネッタ・プッチーニ女史が来場し、"叔父の描きたかった蝶々さんが今夜生き返った"と直接賛辞を受ける。その後もペスカーラ野外歌劇場や、フランス各地においても蝶々夫人を演じ、好評を博す。'12年からは日本での活動も多くなり、オペラ、コンサートなど各地にて出演。’13年5月には二期会オペラ劇場「マクベス」マクベス夫人役にて二期会デビュー。また最近では’14年1月に新国立劇場オペラ公演「蝶々夫人」タイトルロールのカヴァー務めるも、本役体調不良により急遽初日の公演を務め、初登場でありながら大役を見事に演じ、好評を得ている。 二期会会員。 国立音楽大学非常勤講師。

junko-saito

《ピアニスト 斎藤 淳子(さいとう じゅんこ)》

国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。住吉倶子、児玉邦夫、長与咲子の各氏に師事。 ザルツブルグ・モーツァルテウム夏期講習終了(ヘレナ・コスタ氏に師事)。 モスクワ音楽院教授デミトリー・パシキロフ氏の公開レッスンを受ける。長岡において ジョイントリサイタルを開き、市民音楽祭、県民オペラ他各種オペラ、県音楽コンクール などで伴奏ピアニストとして活躍。長岡交響楽団とモーツァルト「2台のピアノのための協奏曲」 を共演。フェニックス合唱団伴奏ピアニストとして長岡新市歌のCD録音に参加。 現在、長岡市民合唱団伴奏ピアニスト、新潟中央短期大学、北陸学園の非常勤講師。 新潟県音楽コンクール審査員。